契約の流れ
2017.05.24

すっきりした部屋ウィークリーマンション、マンスリーマンションを利用する際には契約が必要です。短期間であっても、お金さえあれば誰でも入居をするのですから当然のことですね。ここではそんなウィークリーマンション、マンスリーマンションの契約について触れていきたいと思います。

まずは問い合わせから始めましょう。直接会社に向かわなくても、電話やFAXで問い合わせることが出来ます。これは遠方から探す人のためであり、誰でも気軽にウィークリーマンションを利用することが出来るのです。問い合わせの際には希望の物件を伝えましょう。そして会社が空き室状況を確認し、空き室があれば予約を受けることが出来ます。もしも希望の物件が見つからなくとも、希望している地域、部屋の内容、予算といった条件に合うような物件を探してくれます。

個人契約の際には、会社から定期建物賃貸借契約書と、申込み書、請求書が送られます。これはFAXかメールにて届けられます。そこに必要事項を記入しなければなりません。記入を終えると、書類と共に身分証明書の写しが必要になります。それらをFAXかメールで返信しましょう。身分証明書は運転免許証やパスポートといった顔写真付きの公的身分証明証でなければなりません。

書類に不備がなければ入金が必要になります。入金は銀行振り込み、コンビニ決済、クレジットカード決済のいずれかで行います。入金が確認されたことで契約が成立です。入居前に鍵、または鍵の情報と共に入居方法についての案内があります。それを踏まえて、入居することになります。

以上の流れが基本的な契約の流れになります。ただし会社によっては少し違うところがあるので注意しましょう。例えば必要書類についてですが、FAXかメールで届くとありましたが、会社によってはこの二つではなく、郵送で届けられることがあります。郵送なので入居するまで時間がかかります。FAXやメールと違い、すぐに入居出来ないのが難点です。

また鍵についてですが、実物の鍵が郵送で届けられるか、宿泊予定地の近くの店舗に受取りに行くなどの方法があります。部屋や会社によって違うので、注意しましょう。実物の鍵ではなく、暗証番号でロックされているところがあります。その際には会社からロック解除のコードを伝えられる、という方法で入居を行います。

こういった細かな違いが会社によって現れるので、疑問点があれば遠慮なく会社に訊きましょう。疑問点を解消しないまま進めていくとトラブルの元になるので注意しましょう。

▲ ページトップへ